NFTアートの出品を始めようとしてやめた話

随分前から話題のNFTアート。やってみたいという方も多いのではないでしょうか。「1枚のNFTアートが75億円で売れた」「小学生の自由研究に380万円の値が付いた」と聞くと「ひょっとして自分の作品も?」と思われるかもしれませんね。私もそうでした。でも出品するのをやめたんです。

具体的なNFTアートの出品方法は既にいくつか他サイトで記事が出ていますので、この記事ではそちらを紹介しつつ、なぜ私が出品をやめたのか、つまり「細かいところで意外とお金がかかりますよ」ということをお伝えします。

NFTアート出品の始め方

NFTアート出品の始め方に関しては、既に他サイトに詳しく書いてある記事があるので、そちらをご紹介します。

こちらの記事では、NFTイラストの作り方・売り方と実際にNFTを売るマーケットプレイスについて解説しています。

NFTイラストの作り方・売り方を解説!プラットフォームはどこを使えばいい?

暗号資産取引所の口座やウォレットについても書いてあるので、スムーズに準備ができます。他サイトを見ているとウォレットは今のところ「MetaMask」が一般的なようです。

NFTアートを出品できるマーケットプレイスはいくつかあり、最大手は「OpenSea」です。

OpenSea

試しにOpenSeaを覗いてみると、出品カテゴリや実際に出品されている作品を見ることができます。アートだけでなく写真も出品できるんですね。しばらく作品を見て回れば、大体の相場も分かって来るかと思います。

OpenSeaの利用方法に関してはこちらの記事が詳しいので、OpenSeaで出品したい方は参考にしてみてください。

OpenSea(オープンシー)とは?始め方・使い方とガス代・NFTの出品方法を解説

私も折角出品するなら、最大手がいいとOpenSeaを利用しようとしていました。人口が多い方が売れやすいと思ったのです。ただ、ここで気になったのが手数料の問題でした。出品したり取引したりするのにいくらかかるのだろうか?ということです。NFTの世界では手数料というより「ガス代」という言い方をするのですが、それはどのくらいかかるのでしょうか。次項ではガス代について紹介します。

NFTアートを出品する手数料について

NFTで取引するときには基本的にイーサリアムブロックチェーンというものを使います。NFTは基本的にイーサリアムという暗号資産で取引され、ブロックチェーン技術によって取引履歴を記録しています。このイーサリアムブロックチェーンに取引履歴などの情報を記録するのにかかる手数料がガス代です。

ガス代は初出品時や作品にオファーを受ける時などにかかってきます。

ガス代についてはこちらの記事が詳しいです。

NFTのガス代とは?高騰の理由や節約方法を解説!

ガス代の価格は変動しますが、OpenSeaで初出品をする時には4000円ほどかかると言われています。ちなみにOpenSeaはガス代がリーズナブルな方のようです。そこで私は「うっ」と思ってしまいました。私は単純にNFTをやってみたかったのであり、自分の作品がガス代を支払ってもなお元が取れるようなものだとは思えなかったのです。

OpenSeaで無料で出品する方法「Polygon」も結局お金がかかる

OpenSeaで無料で出品する方法を探してみました。すると、「Polygon」というブロックチェーンを使えばガス代がかからず無料で出品できるということでした。

PolygonでOpenSeaに出品する方法はこちらの記事が詳しいです。

OpenSeaにおいてNFTアートを無料で販売する方法

当然ですが、Polygonは単に無料で出品できるお得なブロックチェーンというわけではなく、メリット・デメリットがあります。

Polygonのメリット・デメリットに関してはこちらの記事が詳しいです。

【OpenSea】イーサリアムorポリゴンどっちでNFTを出すべき?

Polygonで出品することのデメリットは、買ってくれる人口が少ないことや、Polygonで取引したイーサリアムは日本円に直接換金できないということでした。

では、どうやって日本円に換金するのかといえば、Polygonのイーサリアムをイーサリアムブロックチェーンのイーサリアムに替えて、それを日本円にする必要があるようです。しかし、Polygonのイーサリアムからイーサリアムブロックチェーンのイーサリアムにする過程でまたしてもガス代が発生します。

ガス代は変動しますが、大体数千円から数万円かかるとのことでした。結局Polygonで出品しても、収入を日本円にするにはガス代がかかるということです。ここで私は諦めました。私の手持ちのアートでは出品しても赤字になる可能性が高いからです。

ちなみにOpenSeaにはSolanaという選択肢もあります。そちらはガス代が激安だそうです。Solanaを使えるようにするのは少し手間ですが、気になる方はこちらの記事を参照してみてください。

【OpenSea対応】ソラナ(Solana)NFTとは?特徴と売買方法を解説します

NFTには細かいところでお金がかかる

NFTには細かいところでお金がかかるので、出品をやめたというお話でした。もちろん、手元に高額で売れそうなアートがある方は、NFTをやってみるのもいいかもしれません。しかし、「NFTをちょっとやってみたいな」くらいで始めると赤字になる可能性もあります。

NFTの始め方についてはいくつも記事がありますが、トータルのコストは分かりにくいのが現状です。一通り調べた上で、NFTを始めるか決めてみてください。