レギュラードラマ型短編という挑戦『天才少女発明家は兄のアレコレに興味津々!』

さこゼロ『天才少女発明家は兄のアレコレに興味津々!

「くくく、お兄ぃに拒否権なんて無いんだよ」

過激な内容が含まれます。

苦手な方はご遠慮くださいm(_ _)m

内容はほぼタイトル通りです。

全3話を予定しています(^^)





こんにちは、辰井圭斗です。先日は「辰井講評窓口3」にご参加くださりありがとうございました。こちらに講評を書きます。
兄のアレコレに興味津々な妹が、天才的な発明を駆使して色々と(意味深)満たしていく話。面白かったです。第一話のチョーカーの設定とか、あまりのひどさに絶句したのですが、その後の展開がもっとひどいあたり素敵でした。ストーリーがドラえもん型で強固に形が定まっている分、かえってバリエーションへの期待が高まり、次は何が起こるんだと次話が楽しみになりました。あまりそういうネタが得意な方ではないのですが、毎話ワクワクしながら読んでしまったのだから完敗です。

大体短編というのはストーリードラマ(物語の進行に伴って主人公が変化・成長するドラマ)として組み立てるのですが、この作品はドラえもん型と書いたようにレギュラードラマ(1話完結の終わらぬ日常系)の構造でした。なので、3話全体を1つの作品として見た場合に、作品全体を貫く推進力を出しにくい……というのが普通なのですが、この作品の場合比較的コンパクトであることと、全編に渡って発揮されるゼロ美の好奇心によってあまりそのあたりが気になりませんでした。難しいバランスを成立させていらっしゃるなと思います。

展開はひどい(褒めてます)んですけど、割と根本的なストーリー構造にまで思いが至るような作品でした。細かいところですが、毎回導入があってからタイトルが出るのいいですね。今度どこかで真似します。読ませてくださりありがとうございました。




【作者様からの返信】

お読みいただき、ありがとうございます!
大変ひどい(^^)内容なのに、プラスな講評をいただけて、本当に嬉しく思っています。
タイトルに関しては、アニメではよくある手法を、小説で使ってみようと試してみました。お気に召したのでしたら、是非是非使ってみて下さい(^^)
最後まで読んでくださって、誠にありがとうございました!

さこゼロ『天才少女発明家は兄のアレコレに興味津々!