冒頭からすごいし勢いが全然止まらない『芋虫』

なんようはぎぎょ『芋虫

虫のいるラブストーリー

いつでも恋に全力な女の子が好き。虫も元気。




こんにちは、辰井圭斗です。だいぶ前自主企画「辰井講評窓口」にご参加くださりありがとうございました。随分遅くなってしまい申し訳ありません。こちらに講評を書きます。

主人公山下課長に惚れている上目遣いが可愛い(というか全体的に可愛い)職場の女の子愛未が、芋虫で作った惚れ薬を飲むか自分が死ぬかの究極の選択を迫ってくる……というのが冒頭の話。

いや、一文目から瞬発力が凄まじいので、未読の方は読んでくださいという感じなんですけど、そこからも全然失速しないんですよね。冒頭はまさしく序の口で、そこからどんどん大変なことになっていく。
こういうコメディタッチの作品は、私が書くと照れが入ってどっちつかずになってしまうんですけど、本作はそんなことがなく全くぬるさがありませんでした。そこが、書き手としてすごいなと思ったところの1つです。

もう1つは、職場での話ということもあって、それなりの登場人物が出て来て、割と真面目に事態の収拾を図ったり仕事したりしているんですけど、結果的にほぼ悉く山下課長を追い詰めていくというつくりになっていること。
医者とかひそひそ話にとどまらず、喫茶店のコーヒーまで追い詰めてくるのはすごいな……と思いました。
本作の場合、山下課長が追い詰められる=話の推進力なので、それが途切れなかったのは読者に最後まで読ませる大きな要素の1つかなと思います。

愛未も作中あんな振る舞いをするキャラなのに、魅力的に見えてくるのが素敵でした。

面白かったです! 読ませてくださりありがとうございました。




【作者様からの返信】

辰井さんだ!!辰井さんに講評頂くの憧れだったのですごく嬉しいです!ありがとうございます…!(誤字を見つけるのが苦手な性分で長いこと不安だったので、2つ以上?は誤字無かったようでそれも安心しました…🙌)
返信遅くなってしまい申し訳ございませんでした…

凄く丁寧に読み込んで解析して書いていただいて感激です!!
勢いがある話にしたかったので、失速しなかったと言ってくださったこと、
愛未に変なことばかりさせてしまったのも不安だったのですが魅力的だと言って頂いたこと、凄く嬉しいです!
改めまして、素敵な企画をありがとうございました!結構な分量で大変な手間であったと思います…。心より感謝申し上げます。

なんようはぎぎょ『芋虫